膝の痛み

変形性膝関節症

膝関節の軟骨が摩耗し、関節炎や変形が生じて、膝の痛みと水が溜まるなどの症状が現れる疾患です。初期では、立ち上がり・歩き始めなど動作の開始時にだけ痛んで、休めば痛みは消えます。しかし、だんだんと正座や階段の昇り降りが困難になり、末期になると、安静時にも痛みがとれなくなって、膝関節の変形も目立ってきます。主な原因は関節軟骨の老化であり、年齢とともに患者数は増加します。

靭帯損傷(じんたいそんしょう)

スポーツや交通事故などで膝の靱帯に大きな力が加わり、部分的または完全に切れてしまった状態です。急性期には膝の痛みと関節を動かせる範囲の制限(可動域制限)がみられます。しばらくすると、腫れが著しくなってくることもあります。急性期を過ぎると痛みや腫れ、可動域制限はいずれも軽くなってきます。ただし、この頃になると損傷部位によっては、膝の不安定感が目立ってくることがあります。

半月板損傷

半月板は、膝関節の大腿骨と脛骨の間にある“C”型をした軟骨組織です。内側と外側それぞれにあり、クッションとスタビライザーの役目を果たしています。ここが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みや引っ掛かり感を覚えたりします。悪くすると、膝に水(関節液)が溜まったり、急に膝が動かなくなったりする「ロッキング」という状態になり、痛くて歩けなくなったりします。

オスグッド病(小児)

脛骨結節(お皿の下の骨)が次第に突出してきて、痛みが生じます。赤く腫れたり、熱を持ったりもします。休めば痛みは消失しますが、またスポーツを始めると再発してしまいます。跳躍やボールを蹴るスポーツを行い過ぎると発症しがちで、成長期(10~15歳頃)のスポーツ少年に多く見られます。成長期における一過性の病気と言え、多くは成長が完了すれば治癒します。この時期は、スポーツを控えめにすることが大切です。

関節水腫(かんせつすいしゅ)

膝に水が溜まった状態のことで、水とは関節滑液を指します。関節滑液は関節間の摩擦を減らし、滑らかに動けるようにする潤滑液です。通常、関節滑液は滑膜という部分から適量が分泌され、やがてリンパ管から吸収されます。しかし、膝関節やその周辺組織に炎症が起きたり、骨が変形して軟骨同士が擦れたりすると関節内遊離体という異物が関節内に現れ、それを排除するために、吸収し切れない量の関節液が分泌されるのです。

関節ねずみ

関節の中に関節内遊離体(軟骨や骨のかけら)が存在する状態のことで、かけらが関節の中を動き回ることから、よく「関節ねずみ」と呼ばれます。多くはスポーツ(野球、ソフトボール、バスケットボール、テニス、ゴルフなど)が原因で、肘や膝の関節に生じやすい傾向があります。主な症状としては、関節が痛んだり、肘などの関節が動かなくなったり(ロッキング)します。

クリニックのご案内

そがリウマチ・整形外科

診療内容
整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
TEL
043-312-3020
住所
千葉市中央区南町2-15-15 KS・HOYOビル2階
そがリウマチ・整形外科へのアクセスマップ・提携駐車場マップ

P上記駐車場が提携駐車場です。
提携駐車場以外にも、タイムズ蘇我エリアの駐車場の利用券をお渡ししております。

電車でお越しの場合
蘇我駅東口 徒歩1分
お車でお越しの場合
京葉道路 松ヶ丘ICから約7分
近隣の提携駐車場をご利用ください。当院の提携駐車場は以下の通りです。
当院ビル前、タイムズ、ナビパーク、パラカです。
受付に「駐車証明書」「駐車券」をお見せください。会計時に利用券をお渡しいたします。
…14:30~17:00
☆手術日(提携病院にて手術、外来の為休診)
休診日:木曜・日曜・祝日
診療時間
9:00~12:30
14:30~18:00